院長ブログ

2015年10月 5日 月曜日

がん検診で早期発見

久しぶりにブログを更新いたします。以前「がんもどき」など科学者とは思えない医者について書いて以来です。
最近、芸能人の大腸がんや乳がんや肝内胆管がんなどが話題になり、がん検診を希望される方が増えてまいりました。
以前から主張していますように、がんは早期発見以外に命を守るすべはなく、皆さんがこのような意識を持たれているとしたらとても良いことだと思います。
「がんもどき本」が良く売れているということを懸念していましたが、最近の傾向を見るとその内容を信じていないことがわかり、やはり日本人の判断力はすばらしいと安心しています。

花畑クリニック

投稿者 医療法人社団 緑水会 | 記事URL

2013年12月17日 火曜日

移転のお知らせ

さてこの度クリニックの場所を移転することになりました。場所は現在の場所から市役所方面に約200mのところにある尚亜ビル(旧ジブラルタ生命ビル)です。
1階が駐車場(4台収容可能)、3階が受付・診察フロアー、4階が内視鏡フロアー、5階がX線(CT・レントゲン・マンモグラフィー)フロアーです。今までは
1フロアーでしたが、大腸の前処置室などを設置したかったことなどから、3フロアーとなりました。前処置室は大,小の二部屋設けました。
患者さんの移動は院内に設けた専用エレベーターなどを御利用していただく予定です。なるべく心地よい空間を作ったつもりですので、今まで同様よろしくお願い致します。
開院は来年1月6日です。

花畑クリニック

投稿者 医療法人社団 緑水会 | 記事URL

2013年6月 1日 土曜日

ベストセラーって・・・

最近売れている「医者に殺されない47の心得」という本をご存知でしょうか。近藤誠という放射線科の医者が書いているのですが、ずいぶん以前に「がんと闘うな」という本を書いて物議を醸し、その当時のがんを専門とする医者との討論で完膚なきまでにやられてその後はどこかに消えたと思っていたのでびっくりしました。しかも、まだ慶応大学病院に勤めているとはさらに驚きました。私も「がんと闘うな」は読みましたが、とても科学者とは思えない独りよがりの思い込みの文章が並んでいて失笑してしまいました。それがまた今度の本がひどく売れているというのでとても疑問でした。私が本を買って彼の印税の手助けをしたくなかったので読むつもりはありませんでしたが、友人が持っていたので借りて読んでみました。数ページ読んだだけでやはり吐き気がしてきました。最後まで読めるかどうか心配でしたが、何とか読みきりました。案の定まともなことはほんの一部だけでした(健康食品やサプリメントのところぐらい)ので、色々な矛盾点を書き連ねたいところですが、反論するのも馬鹿らしいとも思いました。同じ土俵に上がったようで、医者の仲間からかえって馬鹿扱いされるのは目に見えているので嫌でした。
 しかし、私のライフワークとしているがんについてだけは書かざるを得ません。それは彼の言うことを信じて助かる人が亡くなってしまいはしないかという心配があるからです。たくさんの矛盾がある中で一番端的な矛盾点を書きます。彼はがんは放置しろと言っています。治療したら早死にすると書いています。しかし、乳癌の乳房温存手術は自分が言い始めた(これもとんでもない嘘ですが)といって大いに推奨しています。実際自分の身内には乳房温存手術を受けさせています。乳房温存手術というのはがんをそのまま残す治療ではありません。がんそのものは切除して、がん以外の乳房を温存する手術です(その後放射線や時には抗がん剤、ホルモン剤なども併用するのですが)。がんで手術はするなと言っておいて乳房温存手術は肯定しているということは、乳房温存術の内容をご存知ではないとしか考えられません。また、開腹手術は否定しているけれど、内視鏡手術は否定していません(この本の114ページに肯定している文があります)。これも内視鏡的にがんを取り除くという治療で、がんは放置しろという訴えに反することです。この治療法の適応は粘膜内癌、つまり早期癌の中でも一番早期、超早期癌とも言うべきものです。彼はこれを「がんもどき」と言っているようですが、そうであればなおさらこの治療法に対しても反対すべきです。結局癌を放置しろという訴えの曖昧さしか見えません。もともとがんが発見されたときにはすでに全身に転移しているからという理由で治療しても無意味と書いているのですが、その根拠はまったく書いていません。つまり癌が発見されたときに本当に全身に転移している証拠は何も記載されていないのです。彼の空想の世界です。がんが転移するのは血管かリンパ管にがん細胞が入り込んで運ばれるからです。つまり上皮内癌のように周囲に血管やリンパ管が希薄なところは転移している可能性がとても少ないのです。だからこそ内視鏡治療という治療法が確立されたのです。日本が開発した世界に誇るべき治療法といっていいと思います。私は内視鏡が専門ですが、いかに内視鏡治療の出来る段階で、つまり超早期の癌を見つけてあげれるかに取り組んでいます。それはもちろんこの段階であればほぼ100%助かるし、その治療による危険性は低いし、治療に伴う患者さんの苦痛も非常に少ないからです。彼は癌を放置させている150人の患者さんを診ているといっていますが、皆さん最後には当然亡くなっていきます。そのうち何人の人が、彼にめぐり合うことさえなければ命を落とさずにすんだのだろうと思うと可哀想で残念で仕方ありません。その人たちには彼はどういう責任を取るつもりなのでしょうか。治療すれば助かる命であったのに見殺しにしているわけですから、どんなに謝っても済む話ではありません。それこそ医者に殺された例です。そもそも医者の立場でこういうタイトルの本を出す目的が僕にはさっぱりわかりません。「患者さんを助けるための47の心得」という本であれば納得しますが。いずれにしろ明らかな彼の一番の罪は、医者という立場でありながら、助かる命を見捨てていることです。彼には医者を辞めていただきたいと思います。私はもともと外科医ですが、なんでも手術したいなんて思ったことは一度もありません。このままだと死んでしまうので手術しかないと思ってやってきました。私たち、癌に携わっている医者に対するこれ以上の侮辱はありません。まだ、言いたいことは山ほどあってこれぐらいでは気が済みませんが、それを書いていたら彼の本より長い本になってしまいますのでこのへんにしておきます。
しかし、菊池寛賞とは誰が選定するのでしょうか?

花畑クリニック

投稿者 医療法人社団 緑水会 | 記事URL

2013年4月16日 火曜日

ヘリコバクターピロリ菌2

ピロリ菌は生まれながらに感染しているわけではなく、免疫力の完成していない2~5才ぐらいのときに慢性感染者になるかどうかが決まります。
その時に感染していなければ急性感染はありえますが、一生慢性感染者になる可能性がなくなると考えられています。
もともと土のなかにいる細菌です。ですから公衆衛生の整っていない地域では井戸水や野菜などから感染します。
(東南アジアに感染者が多いのもそれが原因の一つでしょう。)。
日本でも戦前はこういう感染経路が充分あったのでしょうが、現在のような衛生状態では可能性が低いと思われます。
ですから現在の10代や20代の若者の感染者は10%前後と言われています。
少ないながらも存在する10%前後の感染者の感染ルートは親など親族からの経口感染(口移しや噛み砕き感染)と考えられています。
免疫力が完成するまでの感染の危険性を回避できれば,胃癌になる可能性がきわめて低いということになります。
高齢者になったら除菌する必要はないのではないかという質問を時々受けます。
確かにピロリ菌除菌はなるべく早期、つまり若い時に行うほど胃癌の予防効果は高いということがわかっています。
また、ご高齢になってから胃癌になっても体力的な問題などで治療が不可能な場合や
胃癌以外の原因でなくなる可能性も十分あるので胃癌を予防してもそんなに意味はないという意見もわかります。
しかし、この考えは高齢になったら胃癌になっても治療をする必要がないと言っているのと同じです。
高齢者とはいえ出来るだけ胃癌にならないように予防できることはしてあげるべきではないでしょうか。
さらにご本人の体のこと以外にその御家族、特にお孫さんなどへの感染経路を絶つという意味もあるのです。
もし日本からピロリ菌が絶滅したら胃癌の発生は極めて少なくなる(ピロリ菌感染陰性の胃癌も非常にまれですが存在します)
と考えられていますので、そういう長期的な展望を考慮して費用対効果ありと国も判断して保険適応に踏み切ったのではないかと思います。
ただ、除菌についてはまだいくつかの問題点が残っています。
まず、除菌は一次除菌と二次除菌がありますが、明らかに効果が弱く費用も高い一次除菌から行わねばならないこと、
そして二次除菌無効の場合の次の治療法が確立されていない事、除菌薬に副作用のある方はどうするかなどです。
しかし、いずれにしろ今回の保険適応は画期的な一歩だと思います。
ただ10年以上前から保険適応にするべきだと医療側が訴えていたことです。
国の決断の遅さを改めて考えさせられます。

ピロリ菌の検査と除菌も花畑クリニックでできます

投稿者 医療法人社団 緑水会 | 記事URL

2013年4月10日 水曜日

ヘリコバクターピロリ菌

今年ヘリコバクターピロリ菌の治療が潰瘍がなくても保険適応となりました。
胃内視鏡検査を行い、ピロリ菌感染が疑われると思われた場合は潰瘍がなくても除菌が出来るようになったのです。
私から言わせると"やっと"という感じです。
胃癌大国と言われてきた日本がその汚名を晴らせる状況がきつつあるのです。
ピロリ菌除菌の保険適応は胃潰瘍、十二指腸潰瘍の人だけであった時代が長く続き、
その後悪性リンパ腫のひとつであるマルトーマ、胃癌での視鏡治療後、さらには血小板減少性紫斑病の適応が認可されました。
しかし、そういう疾患の人は少なく、ピロリ菌除菌を希望する方は保険が使えず自費で行わざるを得なかったというのが現実でした。
なぜ保険適応が認められなかったのかというとその費用対効果を国が考えたからです。
日本人のピロリ菌感染率は50歳以上では60%以上と言われています。
それを保険で行った場合の費用と、そのまま放置してそれが原因で病気になった時の治療費用を比較したのです。
ピロリ菌が原因で起こる、あるいは起こる可能性があるといわれている疾患は最近どんどん増えてきています。
胃の疾患はほとんどですが、他にはアトピーや蕁麻疹などのアレルギー疾患、貧血、さらには老人性痴呆も疑われているようです。
少なくとも間違いなく言えるのは百害あって一利なしということです。
その中で科学的な証拠もそろっていて一番怖いのはなんといっても胃癌です。
ピロリ菌感染者の中で胃癌になる人はそんなに多いわけではありませんが、
胃癌になる人のほとんどはピロリ菌感染者です。
次回はなぜピロリ菌に感染するのかをお話します。

ピロリ菌の除菌も花畑クリニックで

投稿者 医療法人社団 緑水会 | 記事URL

アクセス

〒860-0806
熊本市花畑町1-5尚亜ビル3階4階5階

お問い合わせ 詳しくはこちら
  • RSS配信
  • RSSヘルプ