糖尿病

糖尿病ってどんな病気??

食事で摂取した糖質は、体内で分解されてブドウ糖になり、
血液を通して全身に送られます。
その後、インスリンによりブドウ糖は細胞内に吸収されて、
普段の活動に必要なエネルギーになります。

エネルギーとして使用されなかったブドウ糖も
インスリンにより脂肪細胞にエネルギーとして蓄えられます。
しかし、異変によりインスリンの働きがよくなかったりすると、
ブドウ糖が細胞内に蓄え切れず、血液中にあふれ出てしまいます。

こうした状態が続き、慢性的にブドウ糖が血液中に増えると
からだのさまざまな部分に異変が生じます。

これが糖尿病です。

1型糖尿病

ウイルスによる感染が主な原因で生じる糖尿病です。
インスリンの分泌ができなくなったり、分泌量が少なくなることにより発症します。

2型糖尿病

個々人の体質や運動不足が原因で生じる糖尿病です。
糖尿病患者の95%はこちらのタイプです。

その他

ほかの病気が原因で起こる糖尿病や、妊娠をきっかけに起こる妊娠糖尿病などがあります。
初期症状がわかりにくい糖尿病

「体調がおかしいな」と自覚症状はあるものの、そのままに放置し、どうしても我慢が出来なくなってから病院へ行くと、「糖尿病です。すぐに入院された方が良いです。」と診断されることが多いです。
我慢を繰り返すと、糖尿病の合併症により悲惨な状況を招きます。

まずは食事や運動など、ご自身の健康状態を良好に保つように気を付け、血糖値を測定し、自己管理することがとても大切です。

  • のどが乾き、水分を多く取り、尿の回数や量が増える
  • 体がだるく、疲れやすくなる
  • 食欲が異常に強くなる
  • 食欲はあるが痩せてくる
  • 血液の流れが悪くなる
  • おできができたり皮膚が化膿しやすくなる。膀胱炎や感冒にもかかりやすくなる
  • 性欲が低下する
  • 合併症による症状
  • 物が見えにくくなる
  • 手足のしびれや痛みがある
  • 足などがつるようになる
  • 立ちくらみがある
糖尿病の治療方法

糖尿病の治療はおおきく、食事療法、運動療法、薬物療法の3つで、
そのうち食事療法と運動療法がとても重要です。
この2つを行っても不十分なときは、薬物療法が必要になりますが、
食事や運動の管理が出来てない糖尿病になってしまいます。

3つの療法の中で一番大切なのが食事療法です。
一日の食事を、規則正しく、必要な量を摂取することで、インスリンの分泌量がちょうど良い状態になり、血糖値を正常値にコントロールされます。

単発的な運動ではなく、短い時間でも運動を習慣化すると、次のような効果があります。

  • ・ストレス解消、活力がわいてくる、体調が良くなる
  • ・体力がつき、動きやすくなる
  • ・血圧がコントロールでき、脂質の代謝が改善する。
  • ・インスリン抵抗性であっても、インスリンの働きが良くなる

主な薬物療法は2つあり、一つは血糖を下げるための飲み薬であり、もう一つはインスリンを体内に補うインスリン注射です。食事療法と運動療法を続けても改善が見られなければ、薬物療法にて治療を行います。

アクセス

〒860-0806
熊本市花畑町1-5尚亜ビル3階4階5階

お問い合わせ 詳しくはこちら
  • RSS配信
  • RSSヘルプ