ホーム > 生活習慣病

生活習慣病

生活習慣病とは、別名で「成人病」とも呼ばれています。
成人病とは、数年前までは、中高年の方がなる病気といわれており、三大成人病「がん」「心筋梗塞」「脳卒中」のことを言っていましたが、現在は年齢に関係なく若い年代の方も糖尿病などを引き起こすことから「生活習慣病」と呼ばれるようになってきました。

生活習慣病は、普段の生活習慣の積み重ねによって、大きな病気に繋がることからその名前がついてます。
さらに、この生活習慣病は、ひとつひとつが軽症でもいくつもの病気が重なる可能性もある恐い病気です。
いろんな病気が重なることによって、症状がひどくなったり、心臓病や脳卒中を起こす危険性が非常に高まります。

上記のようにいろいろな病気を起こさないためにも生活習慣を改善するための対策をしていくことが生活習慣病の一番の治療です。
基本的には、どの病気であっても「食事療法」「運動療法」などは、生活習慣を改善することが非常に大事です。

ちなみに、生活習慣病と呼ばれている病気は、次のようになります。
  • 脳出血
  • 脳卒中
  • 虚血性心疾患
  • 脳梗塞
  • 高血圧
  • 心筋梗塞
  • 慢性気管支炎
  • 肺気腫
  • 肺扁平上皮ガン
  • 動脈硬化症
  • 大腸がん
  • 肥満症
  • アルコール性肝炎
  • 糖尿病
  • 高脂血症
  • 高尿酸血症
  • 痛風

その他にも、生活習慣病には多くの種類があり、様々な症状があります。
生活習慣病で亡くなる日本人は全体の約3分の2にもなってきております。
長寿大国とも呼ばれていた日本の食事は、バランスが悪くなり、時間も不規則、その結果「生活習慣病」を引き起こしてしまっているのが現状です。

さらに、この生活習慣病の中の「高脂血症」「糖尿病」「高血圧」「内臓肥満」は、「サイレトキラー」とも呼ばれていまして、発症していたとしても、自覚症状がほとんどないので気づいたときには病状が進行していることが多いです。
上記のように進行に気づかないので、突然死にいたることがあります。
ですが、幸い生活習慣病の多くは、初期のうちならば、私たち自身が食生活や日常の習慣などを見直すことで、自分で予防したり症状を改善することができる病気なのです。

アクセス

〒860-0806
熊本市花畑町1-5尚亜ビル3階4階5階

お問い合わせ 詳しくはこちら
  • RSS配信
  • RSSヘルプ